TOP

風俗で遊んだ時に伝説を残したときの体験談をご覧下さい。

休日でやるのは鶯谷のデリヘルを呼ぶこと

休日にやるべきことは、会社に行かないってだけで結構いろいろとやるべきことがあるんですよね。例えばですが、デリヘルですよね(笑)これは平日には出来ません。
まぁそれは冗談ですけど、鶯谷のデリヘル(https://fuzoku.jp/tokyo/a_2015/biz_4/)は結構利用しますね。リフレッシュにもなりますし、女の子と一緒の時間を楽しむだけで自分の気持ちが全然違うものにもなるんですよね。平日はどうしても仕事で張り詰めていますので、たまに休日に自宅にデリヘルを呼んで楽しむ。それだけでも最高に面白いんですよ。女の子と無駄話をして、その後に抜いてもらう。言葉で説明するとこれだけですけど、この言葉の中にいろいろなものが混ざっているんですよ(笑)
それに休日って感じもしますよね。家にずっと一人でいるだけだと休日感がないというか、せっかくの休日なのに「何もしていない」と思ってしまいますけど、デリヘル嬢がいるとそれだけで「充実した休日になったな」と思えるんです。それだけでも鶯谷のデリヘルを呼ぶ価値があるかなって自分では思っているくらいなんですよ。

誰かのせいじゃないデリヘル

デリヘルは楽しいかどうかなんて結局誰のせいでもなく、自分自身の問題だと思うんですよね。だからあまりあれこれ考えないようにはしています。むしろ考えても仕方ない部分って大きいと思うんですよ。デリヘルってフィーリングというか、男も気分で楽しんでいると思いますけど、女の子だって気分によってどんなプレイになるのかは全然変わってくると思うんですよ。
だからこそ、あまり理屈で深く考えないようにしています。誰かがとっても良いデリヘル嬢を鶯谷で見つけたとかでも、あまりそんなことを考えないようにしているんですよ。それこそあくまでも「その時のその人にとっては」良かったって話であって、自分が利用しても必ず良いものになるって訳じゃないでしょうしね。そこはもう本当に自分次第というか、むしろどういったことを考えるのかって部分になってくると思うので、あまりあれこれ考えないようにはしています。
むしろそのくらいの方が案外良いデリヘル嬢と鶯谷で巡り合えるかもしれないんですよ。

デリヘル嬢の胸はやはりこだわりたいかな

デリヘル嬢がどれくらい大きなバストを持っているのかは、やっぱり男心としてこだわりたい部分かなって思っています。バストって自分にはないじゃないですか(笑)だからこそ、大きいとか形が良いとか自分が納得出来るバストを持っているデリヘル嬢と楽しみたいんですよね。
この前鶯谷のデリヘルで指名したK嬢も見事なものを持っていました。プルプルしていましたからね(笑)あれくらいが理想です。さらに言えば、彼女のバストは柔らかかったんです。そこも素晴らしいじゃないですか。柔らかくてプルプルしているバストを思う存分味わってきたのでもはや何も言うことはありません。思う存分楽しめたということで、彼女のバストには感謝しかありませんよね。
あれだけのバストを楽しめたことによって、自分の中でいろんな気持ちも芽生えました。例えばやっぱり巨乳は最高だなとか、あれくらい柔らかいバストを揉んでいたら、それだけで勝手に興奮させられるなとか、本当にいろいろですよ(笑)